スポンサードリンク

トップページ >香典 相場 金額> 香典返しの相場と金額

香典返しの相場と金額

香典返しの金額と相場についての考え方であるが、
香典のお返しは49日の忌明け法要のあとに、
納骨法要の報告とお礼をかねて執り行うのが昔からの日本のならわしである。


現在ではお通夜や告別式などの葬式、葬儀に
参列するために、香典を渡していただけた方に、
当日、その場で香典返しを行う事が多くなってきています。


その際には香典額の2分の1から3分の1くらいの品物を、
礼状を添えてお返しするのが一般的であるが、
香典返しの即日返しの場合には、
相手がいくら金額を包んでくるかなどはわからないので、
香典返しの商品は、タオル、のり、砂糖など、
どこの家でも使う日用品が主に扱われている。

香典返しを受けた場合には、
それに対する礼状は必要がなく、出してはいけません。


香典の金額の相場は、
近所や、顔見知りである程度の付き合いがあるなら
香典の金額の相場は5,000円くらい、
仕事仲間や、普段から親しい間柄なら香典の金額の相場は10,000円くらい、
親戚などの血縁関係であれば、香典の金額の相場は30,000円~50,000円と
一般的には言われている。


香典返しは、付き合いの程度や、血縁的な関係、
家庭的な事情や環境などもあるので
いただいた香典の3割から5割(半返し)が平均的な金額の相場と、
言われている。


香典返しの相場と金額は、やはり、
相手から戴いた金額を見て、香典返しを選んだりするほうが
良いのかもしれませんが、
お付き合いの多い方なら、個人個人でお返しが違ってくるのもまた
何か変な感じがいたしますね。
ですから、香典返しも金額も同じようにするために、
香典返しの金額の相場を覚えておくのが良いかと思われます。


相場がわかれば、商品もその金額の範囲内で決める事もできますし
あまり、悩まなくて良いかと思われます。
香典返しの金額と相場についてでしたが、
お返しの際にはマナーを忘れずに。

Page Top ▲

スポンサードリンク