スポンサードリンク

香典と地域の金額 相場

香典における地域ごとの金額や相場はどの様になっているのでしょうか?


香典は昔から地域によって違いがあります。
たとえば親が死亡の場合、東京や北関東、中部地方は十万円を包みますが、
北海道・東北は五万円、また近畿や中国地方では七万円が相場です。
ところが祖父母死亡の場合、中国地方は六万円包みます。
親と祖父母へ出す香典はほぼ同額になっているのです。


一方東京では祖父母死亡の場合だとニ万円包み、親の場合の五分の一の金額です。
また近所つき合いという点からみると、一番多い金額を包むのが北関東の七千円。
次いで近畿地方の六千円、東京、南関東地方の五千円と続いています。
一番金額が少ないのは北海道の三千円です。


仕事の取引先関係の香典では、四国地方の一万五千円が最高金額になっています。
ただし、同僚や上司、部下など勤務先関係の香典になると七千円と半額に下がります。
反対に南関東では勤務先の香典は一万五千円で、取引先は七千円包みます。
仕事関係の香典で一万円を上回るのは南関東だけ、あとの地方は一万円未満が実情です。目立つのは東京の友人とその家族への香典、九千円です。
他の地方と二千円以上の開きがあります。
友情に薄いなどといわれる東京地方の人が、
意外にも一番友情に厚いのかもしれません。 ランキング

関西を中心に一般の参列者からの香典を辞退する方が増えています。


四十九日忌明け後の香典返しの負担を敬遠しているからでしょうか。
しかし香典を辞退している場合でも、親族からの香典は受けとることが多いようです。
その場合は、受付で渡すのではなく、喪主に直接手渡しするとよいでしょう。

Page Top ▲

香典の相場

香典の相場や金額についてですが、
香典は故人を弔う気持ちが大切で金額はその次ですが、
近年の金額の相場は次のようになっています。
また、香典の相場には、地域や住んでいる土地柄によっても
香典金額の相場に違いがあるようですね。


会社の部下の葬式に出す香典の場合は五千円から一万円が相場です。
出す側の年齢や役職によっても変わりますが、
50歳代以上、または部長級以上の場合は一万円程度包んだ方がよいでしょう。
連名で出す場合には少し多い金額を出すとよいでしょう。
多いといっても、5千円から1万円の範囲が多いと聞きます。


次に会社の同僚の場合は三千円から一万円程度です。
それほど面識のない同僚なら五千円でよいでしょう。
また連名で出す場合には決められた金額でよいでしょう。


会社の上司の場合は五千円から一万円程度です。
特別にお世話になった上司には一万円包むとよいでしょう。


祖父母の葬式に出す香典の場合は一万円から三万円が相場ですが、
出す側の年齢が高ければ三万円から五万円が適当でしょう。 ランキング

両親の葬式に出す香典の金額の相場は五万円から十万円です。
子として最低でも五万円以上は包み両親を送りたいものです。


兄弟の場合には三万円から五万円程度です。
十万円でも構いませんが、他人ではなく身内であるので
三万円以上包んだ方がよいでしょう。


親戚の葬式に出す香典の場合は一万円から三万円が一般的です。
親戚を大切にする日本社会においては、生前それほど
お付き合いのなかった親戚の場合でも一万円以上は包んだ方がよいでしょう。


友人の場合は五千円から一万円程度ですが、
年齢や関係、親密度によって金額を決めるもので相場はないようなものです。
とくに親しい友人である場合には三万円以上出しても構いません。

Page Top ▲

香典返しの相場と金額

香典返しの金額と相場についての考え方であるが、
香典のお返しは49日の忌明け法要のあとに、
納骨法要の報告とお礼をかねて執り行うのが昔からの日本のならわしである。


現在ではお通夜や告別式などの葬式、葬儀に
参列するために、香典を渡していただけた方に、
当日、その場で香典返しを行う事が多くなってきています。


その際には香典額の2分の1から3分の1くらいの品物を、
礼状を添えてお返しするのが一般的であるが、
香典返しの即日返しの場合には、
相手がいくら金額を包んでくるかなどはわからないので、
香典返しの商品は、タオル、のり、砂糖など、
どこの家でも使う日用品が主に扱われている。

香典返しを受けた場合には、
それに対する礼状は必要がなく、出してはいけません。


香典の金額の相場は、
近所や、顔見知りである程度の付き合いがあるなら
香典の金額の相場は5,000円くらい、
仕事仲間や、普段から親しい間柄なら香典の金額の相場は10,000円くらい、
親戚などの血縁関係であれば、香典の金額の相場は30,000円~50,000円と
一般的には言われている。


香典返しは、付き合いの程度や、血縁的な関係、
家庭的な事情や環境などもあるので
いただいた香典の3割から5割(半返し)が平均的な金額の相場と、
言われている。


香典返しの相場と金額は、やはり、
相手から戴いた金額を見て、香典返しを選んだりするほうが
良いのかもしれませんが、
お付き合いの多い方なら、個人個人でお返しが違ってくるのもまた
何か変な感じがいたしますね。
ですから、香典返しも金額も同じようにするために、
香典返しの金額の相場を覚えておくのが良いかと思われます。


相場がわかれば、商品もその金額の範囲内で決める事もできますし
あまり、悩まなくて良いかと思われます。
香典返しの金額と相場についてでしたが、
お返しの際にはマナーを忘れずに。

Page Top ▲

香典の相場と会社

香典の相場と会社についてです。


友人や会社の同僚などの香典の相場の場合、
身内や親戚などの血縁関係とは全く違いがありまして、
故人の生前からの親しき間柄であった場合には、また、
香典の金額相場について、色々と変化してくるので迷ってしまうものです。


友人や知人の間柄だった場合の香典の金額の相場についてですが、
友人や知人の場合も同じ様に、
その家族が亡くなった場合には香典を包み渡す事となります。

その場合に香典を出すのか、出さないのかは、
その方との生前との関係や、今後の関係などで決める事となると思われます。


香典の金額相場の目安としては、
5千円から1万円が一般的であります。
ご近所の場合の香典の金額相場では、
ご近所の場合も同じく、
その家族が亡くなった場合には香典を包み渡します。


その場合に香典を出すのか、出さないのかは、
その方との生前の関係などで決まります。
ご近所の香典相場の目安としては、
3千円から、5千円が一般的であると言われています。


会社や同僚の場合の香典の金額相場については、
勤務先の上司・同僚・部下や、
その家族が亡くなった場合には
香典を包み渡します。
その場合に香典を出すのか出さないのかは、
その方との関係、または、今後の関係で決める事が多いと思われます。
香典の目安としては3千円から、2万円が一般的であります。


会社などの場合には、
自分の年齢などで変わる事が多々あるので、
十分な注意が必要であります。


同僚や会社の場合の香典の金額相場の目安


20代…3千円~5千円
30代…5千円~1万円
40代…5千円~1万円
50代…5千円~2万円


ここに書いた香典における金額の相場は、
あくまでも個人的、一般的に書いた目安ですので、
これに従って、包むものではないので、
あくまでも、皆様の参考にしていただければと思われます。


香典も本来の持つ意味は、
その人その人の気持ちの問題の表れですので、
その時の状況やご自身の気持ちで判断する事が
とても大切ではないかと考えます。


また、会社や町会などで香典相場・金額が、
最初から決まっている場合もあります。
その場合はそれに従うように、周りに合わせる事も
大事なマナーになるのです。
香典の相場と会社についてでした。

Page Top ▲

友人・知人への香典の相場

友人・知人への香典の相場についてです。


友人や知人のお悔やみには、そのときの
友人関係の強さも考えて香典を包む方が多いです。
もちろん、その後のご家族とのお付き合いなども
考慮しなくてはいけない場合もあるかと思われますが、
友人としての生前のお付き合い関係を一番に考慮するでしょう。


友人や知人のお悔やみに対する香典の金額相場は
一般的に5千円から1万円と言われています。
ですが、本当に親しい友人であった場合には、
1万円から3万円と言う範囲での相場にもなっているようです。
単なる知人の場合には5千円が相場のようですね。

友人、知人の場合には、このように
親しさや年齢によって香典の額が大きく変わるため、
あまり相場というものがありません。
3千円から後は周りの仲間がいれば相談したり、
自分の気持ちと相談する必要がありそうです。


また、それほど親しくなく、単なる知人の場合には、
3千円から5千円の間で香典の相場があるようです。


他には、地域柄、相場が決まっているところもあるそうですし、
ほかの友人たちと金額を合わせるといったことも
中にはあるようなので、友人、知人の場合には
ほかの方にも相談してみることもアリかな?と、思います。

Page Top ▲

スポンサードリンク