スポンサードリンク

トップページ >香典 マナー> 香典の郵送について

香典の郵送について

香典の郵送についてです。


お通夜や告別式等の葬儀、葬式に
どうしても参列できない場合などよくある事です。
そんな時には、香典を郵送するのが良いでしょう。


その場合は必ず、現金書留で郵送して、
香典袋の中には、短くてもいいですから、
故人を偲ぶメッセージを書いて入れておくと良いですね。

香典を郵送する場合は
持参する場合と同じように、香典袋の表書き、
中袋の住所、氏名、金額などを
書くのを忘れないように、必ず確認しましょう。


現金書留の封筒に住所が書かれて
いるからといって香典袋に何も書かないのは
相手にとって失礼でもあり、相手方にとって、
後に香典帳を確認する時に、迷ったり、わからなくて困ってしまうはずです。


ここは、最低限のマナーですので、
しっかりと書いて、確認する事が必要であるります
ですが、筆は薄墨を使用して書く事を忘れずに。


あとで、家族の方が整理する時に困ったり、
問題になったりもしますので、ご注意を!!


また、香典袋の表書きは、相手の宗教がわかっている場合、
それに従いますが、わからない場合には、
蓮の柄(仏式のみ)などが入っていない無地の香典袋を使用して、
香典の表書きは、御霊前(浄土真宗の場合は「御仏前」とします)
とする事が必要である。


この「御霊前」は仏式、神式、
キリスト式いずれの葬儀にも、
使われる香典の表書きなので、
知識として覚えておくのがよろしいかと思われます。
香典の郵送についてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク