スポンサードリンク

トップページ >香典 マナー> 香典の渡し方

香典の渡し方

香典の渡し方についてですが、
香典を渡す時期や時間について考えてみたいと思います。


香典を持参する時期につてですが、お通夜か告別式の時が
一般的な考え方であり、間違いがないと思われます。
相手の不幸を知って、自宅や現場に駆けつけた時などは、
まだ、香典の必要はありません。


遺族は悲しみの中にいる最中でしょうから、そこで素早く渡す行為は
最低限の行動であり、ご家族に不快感を与えてしまうので、注意しましょう。

訃報を知って駆けつけたのに、
その場に香典を持参していく事は、前もって以前から
用意していたように思われても仕方ない事ですから、
ここは気をつけたほうが良いと思われます。


訃報と聞けば、真っ先に「香典」と思う方もいるでしょうが、
香典を持参するにも
時期や時間がある程度決められており、
マナーを考えてみる事です。


香典は、やはり、お通夜か告別式に渡すのが礼儀であります。


事情により、香典を郵送する場合には、
やはり、お通夜か告別式の日に届くように
現金封筒で郵送するように、心がけましょう。
地域によっては、郵送が間に合わない地域などもあるので、
弔電を送ったり、香典の郵送する中に、一言、
故人へのメッセージなど添えるといいかと思われます。
香典の渡し方についてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク