スポンサードリンク

香典のマナー

香典のマナーについて紹介したいと思いますが、
香典は宗教に関係なく霊前に供える現金のことをいいますが、
香典を入れる金包みは相手の宗旨宗派に添ったもの、
また金額に見合ったものを使います。


金額は故人を弔う気持ちと合わせて、遺族が香典返しをする際に
困惑することのない程度の額を入れます。
香典の中袋には香典返しのことも考えて、住所、氏名、電話番号、郵便番号を記入します。
香典は黒、緑、青色などのふくさに包み、通夜か告別式のどちらかに持参し、
受付などで会葬者芳名帳を記帳する際に渡すのが通例となっています。
通夜に受付がなければ礼拝のときにご霊前に供えます。
または遺族に直接手渡します。


渡す際にふくさから香典を取り出し、香典が相手の正面になるように持ち直して
『このたびはまことにご愁傷様でございました』などの
お悔やみの言葉を添えて渡します。


葬式が遠方であったり、さまざまな事情で参列できない場合には
できるだけはやく郵送します。
その場合はお悔やみの言葉と参列できないことへの
お詫びの手紙を添えて送ります。 ランキング

訃報を葬儀の後で知らされた場合には、
できるだけ故人の自宅まで香典を持参するのがよいでしょう。


昔から香典に新札を使うことは、臨終のために準備していたようなので
失礼にあたると考えられていましたが、現代では必ずしもそうではなく、
むしろ古いお札をお供えするのは失礼にあたると考える方もいるようです。
喪家の意向により香典や供花や供物を受取らない場合には、
喪家の意向を尊重しましょう。

Page Top ▲

香典の辞退

昔は香典をいただいたら香典帳に住所、氏名、金額を記し、
いただいた方のご家庭に不幸があった場合、おなじ金額の香典を返していました。
現代の香典返しとは趣旨が異なっていたようです。
それは生活の苦しい時代に葬儀の費用を助け合うという気持ちでもありました。


現代はかつての時代のように厳しい経済状況ではないので、
むしろお互い負担にならないようにと香典を辞退される方が増えています。
このような場合、通夜ぶるまいをする必要はなく、また香典返しも必要ありません。


香典を辞退する場合には、事前にその旨をきちんと連絡する必要があります。
お通夜、告別式の受付でも、看板、張り紙などでお知らせします。

御年配の方の中には「香典を受取らない」ことを失礼なことだ」と感じる方も多いようです。
したがって受付においては「大変恐れ入りますが、
故人の遺志でご香典はご辞退しております。
お気持ちだけ有難く頂戴いたしますので、どうぞお収め下さい」などと対応し、
普通の葬儀以上に丁寧に対応するよう心がけることが大切です。 ランキング

また香典を辞退する場合でも、会葬に対するお礼として、
800円程度の会葬返礼品を当日にお渡しすることもあります。


また葬儀に参列する際に香典辞退の看板などがあった場合には、
故人の遺志に沿って香典を渡すことは遠慮します。
実際にお通夜・告別式の式場に行ってみないと、判断できない場合には、
あらかじめ香典を持参して、葬儀場にて、香典を渡すべきか否か判断します。

Page Top ▲

香典の郵送

香典を郵送する場合のマナーや知識についてですが、
香典は本来、直接お通夜や告別式に持参するのが礼儀ですが、
遠方に住んでいるなど、さまざまな事情で葬儀や
告別式に参列できないこともあります。
その場合にはまず弔電を打ち、できるだけ早く香典を郵送します。


香典を郵送する場合には、金銭を「不祝儀袋(香典袋)」に入れ、
その不祝儀袋を現金書留の封筒に入れて喪主宛に郵送します。
金銭を直接現金書留の封筒に入れないように気をつけましょう。
また為替や、弔電と一緒に電報為替で香典を送る方法もありますが、
喪家の手間を考慮すると現金書留で香典郵送したほうがよいでしょう。


現金書留の封筒に入れる不祝儀袋には通常通り表書きをし、
中袋にも金額と住所、氏名を記入します。
現金書留の封筒に住所、氏名を記入するからといって省略しないようにしましょう。
お通夜、告別式に参列できないからといって、友人、知人など
他の弔問者に香典を預けることは喪家に対して失礼にあたります。
参列できない場合には必ず郵送するようにしましょう。


香典を郵送する際には、できるだけお悔やみの言葉と参列できないお詫びを書いた
“手書き”の手紙を添えて送るようにします。
お悔やみの手紙ははがきでなく、必ず封書で出します。
便箋は色物を避け、上質の白を用いるのがマナーです。 ランキング

毛筆の場合は、薄墨を用い哀悼の意を表します。
「なお、心ばかりのご香料を同封いたしましたので
ご霊前にお供えいただきたく存じます。」


などと香典を同封の旨を書き添えます。

Page Top ▲

香典とお悔やみ状

香典とお悔やみ状についてですが、
お悔やみ状は、遠方に住んでいたりさまざまな事情で葬儀に
参列できない場合に遺族に送るものです。


葬儀に参列できない場合はまず弔電を打ち、
その後にお悔やみ状を送り、弔意を示します。
香典にお悔やみ状を添える場合には、通常どおり不祝儀袋に表書きをし、
そのまま現金書留の封筒に入れて郵送します。


お悔やみ状は親しかった人の死を悼み、遺族をなぐさめるために送るものです。
正式には巻紙に薄墨で書くものでしたが、現代では便箋に縦書き、
筆がなければ薄いインクを用います。
便箋と封筒は色物は避け、上質な白を用いるのがマナーです。


お悔やみ状は、一般的に頭語や前文は省略し、
ただちに本文に入りお悔やみの言葉を述べます。
それはお悔やみ状というものが、訃報を受けて取り急ぎ送るという性質のもので、
何よりも故人を悼む気持ちが先決するものだからです。
結語も省略しますが、目上の方に送る場合などは結語を書いたほうが丁寧です。


本文に故人との思い出などを詳細に書くことは、悲しみを増幅させるので避けます。
遺族宛の手紙なので、心からいたわり励ましの気持ちを表す内容にします。


また言葉使いに注意し、「死亡」や「死去」など直接的な表現は使わず
「逝去」「他界」といった言葉を使うようにします。 ランキング

繰り返しを連想させる忌みの言葉「重ね重ね」「返す返す」「再び」
「たびたび」なども避けましょう。


香典を一緒に送る場合には、
「なお、心ばかりのご香料を同封いたしましたので
ご霊前にお供えいただきたく存じます。」
などと香典を同封の旨を書き添えます。

Page Top ▲

香典 お札の入れ方

香典の、お札の入れ方についてご紹介します。


香典袋へお金を入れるときにはまず中袋と外袋を分け、中袋を広げます。
その際に水引をほどいたりはずしたりしてはいけません。
そして中袋の中央にお札をおきます。


「不祝儀はお札を裏返して入れる」といわれることもありますが、
それは死の世界がこの世とは逆さになっているという考えに基づくもので、
最近では祝儀と同様に裏返さずに入れる方法が一般的になっています。
お札をおいたら元のように中袋を折りお札を包みます。
裏に「封」とかいてあるところがあればのりなどで貼ります。


次に中袋を外包みに入れます。
外包みを裏返し、下側の折り返し部分を水引から抜きます。
抜いた下側から中袋を入れます。
そして最後に外袋の裏側は上側の折り返しが下側の折り返しの上に重なるように折ります。「祝儀は上向き、不祝儀は下向き」となります。


香典袋にはできるだけ新札を包みます。
用意できない場合にはできるだけきれいなお札を選んで包みます。


かつて新札は「不幸のために前もって準備していた」と思われ
失礼にあたるとされていましたが、銀行などで
容易に新札が手に入る現代においては、
そのような誤解を招くこともありません。 ランキング

また水引は「中身は清浄なもの」という意味を込めるために結ぶものですから、
使い古したお札では水引の意味が無くなってしまいます。


受取る側も使い古した汚いお札を受取ることは気持ちの良いものではないでしょう。
新札を包むことが気になるようなら折り目を一つつけておきます。

Page Top ▲

スポンサードリンク