スポンサードリンク

トップページ >香典 知識> 香典袋の包み方

香典袋の包み方

香典袋の包み方があるのをご存知でしょうか?
香典袋にも、正式な包み方があるのです。


香典袋の包み方についてですが、
香典袋を折る場合は、まず最初に、左手前に折ります。
そして次に下側を折り、その上に重なるように上側を折り返します。


お札は新札は使わない方がよく、理由としては、
まるで、あらかじめ用意していたように思われないためです。
これは、ご霊前のご家族に対して、受け取られてしまいます。
新札しかない場合は一度折り目を入れてから包む事を
心がけてはどうでしょうか。

ふくさは、地味な色につつんで持参するのがよろしいですね。
ふくさの包み方は、まず香典袋を表にして中央に置き、
右から、下、上、の順に畳むのが一般的であります。


香典は遺族の方が後で整理しやすいように
香典袋の表書きや裏書きは相手にわかりやすく書いて出すことが
重要になってきますので、注意して、しっかりと書きましょう。


書く事も、大事なマナーであります。
また、その場合は、金額もはっきり書くようにする事が大事である。
香典袋の包み方も大事ですが、
ふくさの色などにも、注意が必要ですね。

Page Top ▲

スポンサードリンク