スポンサードリンク

トップページ >香典 知識> 香典袋とお金の入れ方

香典袋とお金の入れ方

香典袋には、正式なお金の入れ方があります。


通常、香典袋の表書きには、普通、薄墨を使用します。
これには正式な理由が存在していて、
「涙で墨がにじんで薄くなってしまった」という意味を持ち、更には、
「急なことなので墨が十分用意できなかった」と言ったことを
意味するものであります。


香典袋への住所や名前、金額は、薄墨の筆ペンやサインペンが
売られているので、ご利用下さい。
これは、大切なマナーでもあるので、
香典袋の書き方には、是非、ご注意下さい。

香典袋に入れるお金の入れ方ですが
使用するお金に、新札を使用してはいけません。


理由としては、
前々から準備していたと思われないための、
事前に用意していたと思われないための考え方であり、行動であります。


切れかかったお金や、グシャグシャなお札も失礼に当たりますが、
新札の場合は少しだけ折り目をつけてから
香典袋に入れるのが相手に対しても、大切なマナーとなるでしょう。


香典袋のお金の入れ方についてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク