スポンサードリンク

香典とトラブル

香典におけるトラブルとして考えられるものには、まず香典泥棒があります。


香典泥棒は、喪服に珠数といった服装で参列者になりすまして香典を持ち去ります。
葬儀では受付などを葬儀業者や親族に任せる遺族が多いため、
弔問客を一人ずつ顔と名前を確認することはできません。
香典泥棒はこうした隙を狙って、葬儀が終りに近づく頃受付に近づき
「家族が探していた」など受付から人を遠ざけ、
その間に香典を持ち去るなど巧みな手口を使います。


特に社葬では同じ社員でも顔を知らない場合も多く、
受付係以外は絶対に手伝わせないように注意します。
香典は時には数百万円もの大金が集まる場合もあり、十分注意が必要です。
また、祭壇に香典を供える際には必ず中身を抜いた状態で
香典袋を供えるということも大切です。


次に香典帳を記帳する際に合計金額と現金とが合わなくなり、
疑われるというトラブルもあります。
中包みを上包みから出したときに記帳を忘れ、いただいた金額がわからなくなったり、
差出人がお金を入れ忘れていたことに気づかず、
合計金額があわなくなるのです。 ランキング

預かった香典を開ける際には必ず二人以上で一緒にあけ、
表書きの金額と合っているか確認してから記帳するようにします。
金銭が入っていなかったり合わなかったりしたら、その旨を必ず記します。


また、受付などで香典係が誰がいくら包んでいたかという会話をし、
参列者に漏れて問題になることもあります。
受付や香典に携わる係は十分会話を慎むよう注意します。

Page Top ▲

香典とは

香典とは何でしょうか?
香典の意味や由来をご存知でしょうか?


香典とは、お通夜や告別式の葬儀や葬式の場に持参する代金のことを
一般的に「香典」と呼びます。
辞書で調べると、こんな書き方を多くみかけると思うのですが、
「香のかわりに霊前に供える金品や香料」
と、言う表記になって書かれていると思われます。


そこで、香典の意味や由来についてですが、
香典とは、死者の霊に手向ける香を持参するかわりに、
香の料(代金)で、ご霊前に捧げます。

古来の葬儀儀式の際に昔の人は
故人との最後のお別れに米や麦、
食料やお酒を持ち寄って、集まったそうであります。


近年では、香典や花が弔慰を形となっており、
現代では香に代わる香の料(代金)との意味で
現金(お金)を供えるようになりました。


また、葬儀費用も決して安いものではありませんから、
故人への供養とともに
その遺族の葬儀費用の一部を負担する
意味合いも兼ね備えている心使いがあるようです。


香典のとは、
ご霊前に対する、お供えと思う心が必要ですね。

Page Top ▲

香典袋の包み方

香典袋の包み方があるのをご存知でしょうか?
香典袋にも、正式な包み方があるのです。


香典袋の包み方についてですが、
香典袋を折る場合は、まず最初に、左手前に折ります。
そして次に下側を折り、その上に重なるように上側を折り返します。


お札は新札は使わない方がよく、理由としては、
まるで、あらかじめ用意していたように思われないためです。
これは、ご霊前のご家族に対して、受け取られてしまいます。
新札しかない場合は一度折り目を入れてから包む事を
心がけてはどうでしょうか。

ふくさは、地味な色につつんで持参するのがよろしいですね。
ふくさの包み方は、まず香典袋を表にして中央に置き、
右から、下、上、の順に畳むのが一般的であります。


香典は遺族の方が後で整理しやすいように
香典袋の表書きや裏書きは相手にわかりやすく書いて出すことが
重要になってきますので、注意して、しっかりと書きましょう。


書く事も、大事なマナーであります。
また、その場合は、金額もはっきり書くようにする事が大事である。
香典袋の包み方も大事ですが、
ふくさの色などにも、注意が必要ですね。

Page Top ▲

香典袋とお金の入れ方

香典袋には、正式なお金の入れ方があります。


通常、香典袋の表書きには、普通、薄墨を使用します。
これには正式な理由が存在していて、
「涙で墨がにじんで薄くなってしまった」という意味を持ち、更には、
「急なことなので墨が十分用意できなかった」と言ったことを
意味するものであります。


香典袋への住所や名前、金額は、薄墨の筆ペンやサインペンが
売られているので、ご利用下さい。
これは、大切なマナーでもあるので、
香典袋の書き方には、是非、ご注意下さい。

香典袋に入れるお金の入れ方ですが
使用するお金に、新札を使用してはいけません。


理由としては、
前々から準備していたと思われないための、
事前に用意していたと思われないための考え方であり、行動であります。


切れかかったお金や、グシャグシャなお札も失礼に当たりますが、
新札の場合は少しだけ折り目をつけてから
香典袋に入れるのが相手に対しても、大切なマナーとなるでしょう。


香典袋のお金の入れ方についてでした。

Page Top ▲

香典の辞退について

香典の辞退についての方法などです。


その名の通り、香典をいただき、香典返しをするという習わしを
現在では、金銭的な負担を考慮してか、
香典そのものを辞退(取りやめ)している所が多くなってきています。


香典のためのリターンが得られますと
それはずっと前に言っていなかったが
不運が香典を得たホームの中であるときに、
香典として得られた金額を返していなかった、とされています。

香典が最近得られる場合、
香典返しを送ることは一般的です。


しかし、札入れ相互扶助が不必要になってる場合、
現在の時代に、それを聞く例は札入れ負担に関して互いに交渉せず、
死亡広告贈り物を断わることで実行されます、古代のように増加している。
提供および花の提供はOkです。


傾いている提供および花の提供が提供と華道を断わるそうです。
したがって、問題なく、それを聞くとともに、
香典は貢献します。
すべての香典、提供、花、傾いて、提示することです。
香典の辞退また、「傾いている親切」は断わられる。
明白に実行された意図、
および電話接触の中で送信されないかもしれません。
1つの中で[急がせられる]こと。
何が断わられるかは言えるかもしれません。
そして、明らかには理解しません。


香典の辞退は任意の場合によって
葬式のために贈り物金銭封筒だけを準備をします。
残りは受付係によってその場合の状況を見るべきか、
あるいは人々がともに訪ねられて、均等をとることが
できるようにそれを考慮する事です。


香典の辞退についてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク