スポンサードリンク

神式と香典

神式では葬儀のことを、神葬祭・神道葬祭・神葬とよぶこともあります。


教導者により霊魂観に違いがあり、葬儀の内容も異なりますが、
式の進行は一般的に「手水の儀」「お祓い」「奉幣・献餞」「祭詞奏上」「奏楽」
「弔事・弔電朗読」「玉串奉奠」「出棺」となります。
仏式の焼香にあたるものが玉串奉奠です。
玉串奉奠は榊の枝に紙片がついた玉串を祭壇に捧げる儀式です。
玉串には神霊が宿っているとされ、故人の霊を慰める意味があります。


玉串奉奠はつぎのよう行います。


1.順番がきたら前へ進み、遺族、神官に一礼し、神官から玉串を受け取る。
このとき、根元が右手に左手は葉先を下から支えるようにする。


2.玉串を置く台の前に進み、玉串をおしいただき、自分の正面に立てるように持つ。


3.左手が根元、右手が葉先になるように持ち替える。


4.時計回りに百八十度回し、根元を祭壇に向ける。


5.玉串を台の上に置き、前向きのまま退いて、深く二礼する。


6.しのび手でニ拍手し、深く一礼して下がり、遺族と神官に礼をする。


しのび手というのは、実際には手を合わさず、両手を打つ寸前で止めて、
音をたてない拍手をいいます。


神式では焼香はなく玉串を捧げることから、香典袋の表書きは
「御玉串料」「御榊料」「御神前料」「御霊前」などと書きます。 ランキング

白無地の包みに白黒または双白の結び切りの水引をかけます。


神式の場合、一般的に50日目の霊前祭の直後に
お礼の品を贈り香典返しとします。

Page Top ▲

スポンサードリンク