スポンサードリンク

トップページ >香典 書き方> 連名の書き方

連名の書き方

香典と連名の書き方についてです。


香典の書き方として、特に注意したいのが
香典を連名で出し合う時などは、個人で出す時の
香典の書き方とはまた違うと言う事である。


故人が会社の上司、同僚及びその家族の場合には、
香典を会社からの見舞金として出す場合と
個人的に包んで出す場合があると思われます。

職場単位でまとめて香典を差し出す場合がありますが、
その時は連名というよりは、○○課一同 等と言う書き方にします。 
連名とは、香典を何人かで出し合う場合の名前を意味します。


中袋がある場合は、中袋の表側に連名を書くのが、
香典の書き方のマナーであります。
順番は目上の人が右で連名は3名までとするのが
一般的なマナーである。


4人以上の場合は「○○課一同」
あるいは代表者名を書いた横に、
「他一同」と香典の表書きをし、
全員の氏名は別紙に書いて同封します。
別紙に書くのにも意味があり、
やはり、差し出す団体名のときでも、
中に個人個人の名前を書いておく方が良いでしょう。


香典と連名の書き方についてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク