スポンサードリンク

トップページ >香典 書き方> 香典の書き方と見本

香典の書き方と見本

香典の書き方と見本について、色々としたお話しがあります。


香典袋は、表書きも裏書も、薄い筆で書くのがマナーであり、常識であります。
「涙でにじむ」という、意味を含ませるのだそうです。
香典袋の裏面に金額を書いて、表面には住所や名前を
正確にはっきりと書く事が大切であり、注意が必要です。


ここで問題なのが、香典の金額と相場である。
香典の金額、相場は、だいたい、親戚なら3~5万円。
親しい友人や、間柄であれば、1万円。
顔見知り程度なら3~5千円が、一般的な金額と相場であると言われてます。

冠婚葬祭にも入る香典についてだが、「香典返し」にも、
適切な注意点やマナーがあります。
お通夜や告別式の葬儀、葬式に香典を戴いたら、
香典返しをする場合、
そこそこの地域によって、やり方や見本が変わっています。


ご霊前に対する香典の書き方も、
四十九日や、一周忌、三回忌、七回忌、法事、49日法要、
などなど、色々あるので、その都度、
香典の書き方、見本を理解しましょう。
香典のお金を入れる袋を香典袋とか、のし袋とも言うが、
その中に入っている袋を、中袋と言い、中袋も書き方や見本がある。


香典袋にも、種類が色々あり、仏式や神式(キリスト教など)によっても
選ぶ香典袋の違いが出てくる。
特に、水引きの部分などは、大きく違ってくるだろう。
香典代や、香典帳など、書き方、見本は様々で
香典の常識やマナーを身に付ける事が大事である。
なお、香典の書き方と見本の部分で、
「連名」や、「会社名」、「連盟」などの書き方があるが、
個人とは違い、法人で出す場合には、住所や、電話番号を入れておくと良い。


また、香典を郵送する場合も出てくる事がある。
その時は、現金書留に香典を入れて、
故人への有志やご家族への励ましのメッセージなどをいれてあげるのが
常識とマナーになるのではないだろうか。
香典の書き方と見本について。

Page Top ▲

スポンサードリンク