スポンサードリンク

トップページ >香典 書き方> ご霊前の香典の書き方

ご霊前の香典の書き方

ご霊前やお香典の書き方についてですが、
マナーや常識を知識として覚えておくとよいでしょう。


香典の連名の書き方や、お香典の書き方、ご霊前の書き方、
これら香典袋の書き方には、常識やマナーが存在します。
知らずに相手に対して失礼をしないような行動を少なからず考えてみましょう。


知らずにただ、書けばいいと言う物ではなく、香典にまつわるマナーや
お金の入れ方、お札の入れ方なども作法があるので覚えておくと良いでしょう。

通夜や告別式に持参する、ご霊前へのお香典の書き方は
中袋(中包み)があれば、その中袋にも
書き方があるのです。


ご霊前の香典書き方ですが、


お香典を書く時の筆は薄墨の筆で、「涙で墨が滲む」を意味するところを指し、
香典袋の表側には住所や氏名、香典袋の裏側には、金額をはっきり解りやすく
書く事が大切であり、大事です。
これがお香典に対するマナーや常識になるのです。


また、香典の連名や社名(社葬)、団体名(団体葬)、会社名なども
ご霊前のお香典の書き方としての常識やマナーがあります。
ご霊前に対するお香典の書き方には、個人の場合は普通に
表書き(表面)は住所と氏名を正確に書き、
裏書き(裏面)は金額を正確に書く事が大切です。


お香典袋に中袋(中包み)が入っている場合も、同じであります。
ご霊前に対するお香典の書き方を覚えておくと、
常識やマナーになりますので、是非、ご理解下さい。
ご霊前とお香典の書き方についてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク