スポンサードリンク

トップページ >香典返し> 香典返しと必要性

香典返しと必要性

香典返し は、必要なのでしょうか?


本来、香典は霊前に供える物であるため、
香典返し は必要が無いと考えても差し支えないと言えるかもしれません。
しかし現在では、忌明けに遺族が香典返し を送る事が
非常に多くなってきました。


忌明けとは、仏式ならば四十九日の法要後、
神式ならば五十日祭を終えた後の事をいいます。

キリスト教では忌中という概念は無く、
死後一ヶ月後の昇天(召天)記念日のあとに
仏式などに倣って香典返しを送る事を言うそうです。


香典返し の金額は、これと言って決められてはいませんが、
一般的には香典の3割から5割程度であると言われています。
一概に同じ物を贈る事もあれば、
香典の額に応じて変える場合もあり、そのご家庭によって
選択方法は様々に変わります。


香典返し の品は、食品や消耗品などを選ぶ事が多く、
茶・菓子・のり・砂糖・
タオル・寝具・せっけん・食器など、実に商品は様々であります。
香典返し には、仏式ならば「志」、「忌明志」と香典袋に表書きし、
白黒あるいは灰色の結び切りの水引をかけるのが
昔ながらの習わしである。


関西地方では、「満中陰志」と表書きし、
黄白の水引をかける。
「中陰」とは四十九日の事を指し示す。
神式では「志」「偲草」「しのび草」と表書きし、
白黒あるいは双銀の結び切り水引をかける。
キリスト教式では、「召天記念」(プロテスタント)・「感謝」
「志」と表書きする。
水引はかけない。


香典返し には、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた
挨拶状を同梱するのが礼儀でもあり、マナーでもあり、
一般常識でさえあります。
香典返し の挨拶状には
故人の戒名を記すことも最近ではよくみかけられます。
仏式の文中に用いられる「七七日忌」
「七七忌」とは、四十九日の事を意味示す。


香典返し と必要性について考えてみました。

Page Top ▲

スポンサードリンク