スポンサードリンク

トップページ >香典返し> 香典返しと即日返しについて

香典返しと即日返しについて

香典返しと即日返しについてです。


香典返し は一般的に、忌明けとなる四十九日に行いますが、
お通夜や葬儀の当日に受付で、
香典返し をするのが即日返しと言うそうです。


この「即日返し」は、近年、斎場を借りて葬儀をする場合は
大変、多く使われています。
挨拶状もその場で手渡しするため、香典帳の整理が不要であるのと、
拝承量がいらない、といった理由から、忌明けを待たずに
即日返しすることが多くなってきているのが、現状であります。

弔問の方全てに香典の額に関係なく、
同一のものを葬儀の場で香典返し をする事を意味する
香典返し の即日返し。


これが、「即日返し」のしきたりでもあり、
マナーでもあるそうです。


会社関係や特に深いつながりのある親戚などから、
高額の香典をいただいたときは、
後日挨拶状を添えて、正式に香典返し するのが
マナー的にもよろしいかと思われます。


香典返し と即日返しについてでした。

Page Top ▲

スポンサードリンク