スポンサードリンク

香典返しとは

香典返しについてですが、本来、香典はお返しするものではありませんが、
仏式では49日(七七日忌)の忌明け後、ただし故人が亡くなってから
49日(七七日忌)まで3ヶ月にわたる場合は35日に、
品物にあいさつ状を添えて贈るのが一般的になっています。


神道やキリスト教では、原則、香典返しをしないことになっていますが、
最近では仏式での影響を受けて、香典返しをするのが一般的になりました。
神道では忌明け後の五十日祭に、キリスト教では1ヵ月後の
召天記念日や記念式の日にお返しします。


香典返しの額の目安は『半返し』といわれ、
いただいた香典の半額程度の品とされてきました。
しかし『関東の半返し、関西の三分返し』ともいわれ、または『全返し』
といわれる地域もあるので、地域の慣習に従うのがよいでしょう。
また告別式の当日に一律の金額の品物をお返しするケースも増えているようです。


具体的な品物としてはお茶、砂糖、タオルセット、
石鹸などの実用的なものが一般的です。 ランキング

香典返しにはあいさつ状を添えるのが一般的ですが、
文面は葬儀社やデパートの専門コーナーで依頼したり、
既に印刷してある市販のものを利用することもできます。


香典の書き方に決まりはありませんが、弔辞の手紙は白無地の
一枚の便箋と一重の封筒を用いるのが習わしなので注意が必要です。
故人の遺志により、香典を基金や福祉関係へ寄付する場合には、
忌明けのあいさつ状に趣旨と寄付先を書き添えて送り、香典返しはしません。
また弔電だけをいただいた人にも香典返しは不要でお礼状を出します。

Page Top ▲

香典返しと即日返しについて

香典返しと即日返しについてです。


香典返し は一般的に、忌明けとなる四十九日に行いますが、
お通夜や葬儀の当日に受付で、
香典返し をするのが即日返しと言うそうです。


この「即日返し」は、近年、斎場を借りて葬儀をする場合は
大変、多く使われています。
挨拶状もその場で手渡しするため、香典帳の整理が不要であるのと、
拝承量がいらない、といった理由から、忌明けを待たずに
即日返しすることが多くなってきているのが、現状であります。

弔問の方全てに香典の額に関係なく、
同一のものを葬儀の場で香典返し をする事を意味する
香典返し の即日返し。


これが、「即日返し」のしきたりでもあり、
マナーでもあるそうです。


会社関係や特に深いつながりのある親戚などから、
高額の香典をいただいたときは、
後日挨拶状を添えて、正式に香典返し するのが
マナー的にもよろしいかと思われます。


香典返し と即日返しについてでした。

Page Top ▲

香典返しに挨拶状を添える

香典返しには、挨拶状を添える事が望ましいとされています。


忌明けの会葬のお礼や、四十九日の法要を済ませた内容、挨拶、
香典返しを送った事などを記載する挨拶状の事です。
香典返しに挨拶状を添える
例文を紹介するとしたら、下記の様な内容になるでしょう。


謹啓

先般 父 ○○×× 永眠の際は
ご懇篤なご弔辞を戴きその上、ご鄭重な御供物を賜り
誠に有り難うございました。
ご芳情のほど厚く御礼申し上げます。


本日○○○○××(ここは、名前・戒名を記載)
七七日忌法要相営みました。
就きましては供養のお印までに
心ばかりの品をお送りいたしましたので
何卒ご受納下さいますようお願い申し上げます。


先ずは略儀ながら書中をもって
謹んでご挨拶申し上げます。


敬具
平成○○年○月○日

香典返しに挨拶状を添える例文としては、
この様な例文を参考にしておくと良いかもしれません。


香典返しの挨拶状もマナーの一つであり、
お礼としての意味もありますから、
常識的な行動と共に、香典返しや、
挨拶状を取り入れたいものですね。


香典返しの挨拶状にも文例や例文があるので
参考にしながら挨拶状を作ってみて下さいね。
香典返しと挨拶状についてでした。

Page Top ▲

香典返しについて

香典返し とは、どの様な意味でしょうか?


香典返し の香典とは、ご霊前に供える物を指し示し、
本来であれば香典返し というものは、必要がないと言えます。
しかし現在では、忌明けに遺族が
香典返し を送ることが一般的になっています。


忌明けとは、仏式ならば四十九日の法要後、
神式ならば五十日祭を終えた後を意味する言葉である。

キリスト教では忌中という概念はないが、
死後一ヶ月後の昇天(召天)記念日のあとに
仏式などに倣って香典返し を送るのが習わしであるそうです。


香典返し の金額は、香典の3割から5割と、一般的に言われてます。
均等に同じ物を贈ることもあれば、
香典の額に応じて香典返し を変える場合もあります。


香典返しの品は、食品や消耗品が多いが、
茶・菓子・のり・砂糖・タオル・寝具・せっけん・食器など
その選択肢は色々である。


香典返しには、仏式ならば「志」「忌明志」と表書きし、
白黒あるいは灰色の結び切りの水引をかける。
関西地方では、「満中陰志」と表書きし、
黄白の水引をかける。
「中陰」とは四十九日の事を言います。


神式では「志」「偲草」「しのび草」と表書きし、
白黒あるいは双銀の結び切り水引をかける。
キリスト教式では、「召天記念」(プロテスタント)・「感謝」・「志」と
表書きして、水引はかけない。


香典返し には、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた
挨拶状を同梱する風習があります。
挨拶状には故人の戒名を記すことも非常に多いと聞きますね。
仏式の文中に用いられる「七七日忌」「七七忌」とは
四十九日の事を意味する言葉である。
香典返し についてでした。

Page Top ▲

香典返しと必要性

香典返し は、必要なのでしょうか?


本来、香典は霊前に供える物であるため、
香典返し は必要が無いと考えても差し支えないと言えるかもしれません。
しかし現在では、忌明けに遺族が香典返し を送る事が
非常に多くなってきました。


忌明けとは、仏式ならば四十九日の法要後、
神式ならば五十日祭を終えた後の事をいいます。

キリスト教では忌中という概念は無く、
死後一ヶ月後の昇天(召天)記念日のあとに
仏式などに倣って香典返しを送る事を言うそうです。


香典返し の金額は、これと言って決められてはいませんが、
一般的には香典の3割から5割程度であると言われています。
一概に同じ物を贈る事もあれば、
香典の額に応じて変える場合もあり、そのご家庭によって
選択方法は様々に変わります。


香典返し の品は、食品や消耗品などを選ぶ事が多く、
茶・菓子・のり・砂糖・
タオル・寝具・せっけん・食器など、実に商品は様々であります。
香典返し には、仏式ならば「志」、「忌明志」と香典袋に表書きし、
白黒あるいは灰色の結び切りの水引をかけるのが
昔ながらの習わしである。


関西地方では、「満中陰志」と表書きし、
黄白の水引をかける。
「中陰」とは四十九日の事を指し示す。
神式では「志」「偲草」「しのび草」と表書きし、
白黒あるいは双銀の結び切り水引をかける。
キリスト教式では、「召天記念」(プロテスタント)・「感謝」
「志」と表書きする。
水引はかけない。


香典返し には、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた
挨拶状を同梱するのが礼儀でもあり、マナーでもあり、
一般常識でさえあります。
香典返し の挨拶状には
故人の戒名を記すことも最近ではよくみかけられます。
仏式の文中に用いられる「七七日忌」
「七七忌」とは、四十九日の事を意味示す。


香典返し と必要性について考えてみました。

Page Top ▲

スポンサードリンク